​プロフィールインタビュー

PROFILE INTERVIEW

​千葉英和高校

藤岡 麻菜美さん (バスケットボール)

インタビューを担当したのは、​

運営スタッフの古川佑生です!

​Q. 競技の魅力を教えてください

バスケットボールは数ある球技の良いところを寄せ集め、小さなコートで繰り広げるスポーツだと

思います。特に展開スピードが早く、得点がたくさん入るところは魅力ではないでしょうか。

バスケットボールはルール変更も頻繁にあり、10年前と比べると更にスピード感は増しています。

このようなルール変更によって、戦術も日々変化していくところもまた面白いと思います。

また、NBAやFIBAで適用されるルールが違うなど、特殊なところがあるのもバスケットボール

ならではないでしょうか。

​Q. 競技に出会ったきっかけは?

小学2年生の時、仲の良かった友達に“ミニバス”誘われたのがきっかけです。一般的には4年生から

しか参加できないなど規定があるみたいなのですが、そのチームは何歳からでも入ることが

できました。誘われて、行ってみたらすごく楽しかったんです。そこからずっとバスケットボールを

やっていました。バスケットボールに誘ってくれた友人は、今でも大切な存在です。

​Q. コーチを目指すきっかけや、そのプロセスについて

高校卒業後の進路を決める際に、教員になりたいと考え、バスケットボールも強くて教員も目指せる

ところ・・・という理由で筑波大学への進学を決めました。もともと「教えること」に興味が

あったんです。バスケットボールを続ける中で、怪我によって競技を離れる期間がありました。

その期間中に、年下の子が教えて欲しいと私の元に来たことがあり、そこで改めて

「教えるのが楽しい」と思いました。自分が言ったことに対して、成功したときの選手の笑顔が

忘れられません。ひとりひとり反応が違うのもまた面白い。また、できなかったときに、どうやって

できるようにするのか、試行錯誤するのも楽しいです。

コーチになるまでのプロセスとしては、毎年の恒例行事として、年末に母校で開催される練習試合に

参加しており、去年(2019年)もその行事に参加しました。その時は「パリ五輪出場を

目指します!」と意気込んでいました。しかし、翌月の大会で怪我をしてしまい、気持ちの糸が切れたというか、今までとは違う感情になったんです。引退を決意し、その旨を母校の先生に伝えたら、

「是非うちに来て欲しい」と言ってくれました。高校3年間は自身にとっても重要な期間だったこともあり、高校生を指導してみたいと思っていましたし、何より母校に恩返しがしたいという気持ちが

あったので嬉しかったです。

​Q. 影響を受けたコーチ/人物はいますか?

ミニバスの時に教えてくれていたコーチです。チームを全国優勝に導いた経験もあるコーチで、徹底的に“基礎基本”を教えてもらったと言っても過言ではありません。テクニックはもちろんですが、「人間として」というところをとても教えていただいたように思います。

例えば、「今のパスに思いやりはあったのか?」ということを小学生に問われたりするんです。

そういったことや、プライベートの過ごし方が、コート上のプレーにも出るのだな…ということを

小学生ながらに学びましたし、今思うとそれが本当に大事なことだったんだと思います。

​Q. コーチングをするうえで、大切にしていることは何ですか?

「思いやる心」 「有言実行」 この二つの言葉を現役の頃から大切にしています。

選手たち自身が、まずどこを目指したいのか聞く必要があると思っています。選手が言ったことには、「責任を持ってやりなさい」と言えるからです。ただ漠然とやらせないということを大事にして

います。私が選手たちに関われるのは3年間だけです。卒業後に進学する子もいれば、実業団に入る子もいます。この3年間で“やらされる人間”になってしまうと、卒業後それぞれの進路の先で自分では

何もできない…ということになると、とてもかわいそうだと感じます。何事も、自分で考えて行動

できる選手を育てたいと思っています。

あとは、自分の意見を押しつけるように「これは、こう」と決して言わず、選手に決めさせること

です。もちろん、必要最低限の知識は提供しますが、「今のはどうした方が良かった?」と、必ず選手に質問するようにしています。選手自身が、自分の考えを口にできることや意思を伝えることは、選手としてだけでなく、その後の人生にも大切なことだと思います。

Interviewer's Comment​

インタビュアー 栄徳美沙季さんからのコメント

Interviewer's Comment​

インタビュアー 古川佑生からのコメント

インタビューに併せて藤岡さんの指導場面も拝見させてもらいました。

彼女が現役選手時代から大切にしていた「思いやる心」や選手としての主体性を重んじる精神は

コーチとなった現在も彼女のコーチングを支える基盤として発揮されていました。

日本代表の第一線でプレーをしてきた経験があっても決して教え込まず、選手に寄り添い意見を

引き出す。時には一緒に考える。何度もそんな場面を拝見しました。思いやり溢れる藤岡さんの

振る舞い、そして時折見せてくれる見本もカッコ良くて…こんなコーチに教えて欲しい!と

感じました。これから一緒に学んでいくのが楽しみです!

お問い合わせ先

〒158-8508 東京都世田谷区深沢7-1-1
日本体育大学 女性エリートコーチ育成プログラム事業
TEL:03-5706-0962
E-mail: wec@nittai.ac.jp

© 2023 日本体育大学 / BRUSH MUSIC Inc.

Manami Fujioka